思いつくまま、気の向くままに、綴っています....


by oracion2011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京スカイツリー

月と
星と
東京スカイツリーと
 かがやく空
  しずかな空
だれもが
  きっと見あげる
 東京の夜へ

b0179307_1334063.jpg
b0179307_1335712.jpg
b0179307_1341033.jpg

現在、183メートル
2012年完成

※代休ですっかり晴れ上がっての平日、かねてから近くで見たかった東京スカイツリー、行ってきました。
[PR]
by oracion2011 | 2009-10-30 13:06 | 優遊Note
今日は休日出勤。
たまたま今日はラグビーの試合があったので撮影し、ネットのサイト(チルトシフトメーカ)にて加工編集。
それっぽく見えませんか?
b0179307_14544611.jpg

[PR]
by oracion2011 | 2009-10-10 13:45 | 優遊Note

12月のひまわり 白川 道

これも、短編集。
b0179307_1240511.jpg


★短編のひとつ 『淡水魚』より
「長岡の温泉に行ったとく、母が言ったわ。あなたを決して恨んではいけない、って。人生は一度きりだから、人は皆、自分の選択で生きてゆく権利がある。そのことによって傷ついたり苦しくなることがあっても、それが人生なんだ、って。母も父や兄のことでは辛い思いをした。でもなにも後悔なんてない、と言ってたわ。まるで、十八番の『川の流れのように』そのままよね」
「そんなあの娘が、先日、泣きながら手紙をよこしました。お母さんが言ってた、人には人の、その人に合った空気や水があるという意味がやっと分かりました、と書かれていました。浜名湖のある実家が好き、と。わたしは水槽に入った熱帯魚のような生活はいらない、浜名湖に流れ込む川に棲む淡水魚のよな生き方をほんとうはしたいのだ、そう書かれていました。」
[PR]
by oracion2011 | 2009-10-09 12:40 | 私の本棚

星が降る 白川 道

白川道は、短編も面白い!
b0179307_12373256.jpg


★短編のひとつ 『浜のリリー』より
「ノリさんは真面目すぎるのよ。一度、グレてみたら。なんなら、わたしが手伝ってあげる。きれいな花が咲いているのは、たいて道から外れた雑草のなかよ」
「グレる、か・・・・」
「そう、目に見えるものや頭のなかで考えられるものなんて知れている」
「グレてみるか」
[PR]
by oracion2011 | 2009-10-09 12:38 | 私の本棚

朽ちた花びら 白川 道

『最も遠い銀河』の感動から、一気に白川道の本を読みました。
これは、病葉流れて3部作の第2弾。第1弾で語られた主人公の学生時代の物語。
b0179307_1236367.jpg

いつ読んでもかっこいい!
[PR]
by oracion2011 | 2009-10-09 12:36 | 私の本棚
8月から9月にかけて読んだ本を纏めて投稿。
この作者の本、確か2冊目だったかと思うけど、基本はホラーで、あまり馴染めない!カナ。
b0179307_12292954.jpg

[PR]
by oracion2011 | 2009-10-09 12:29 | 私の本棚

台風一過

台風去って外苑前の銀杏並木は落ちた "ぎんなん" が一杯。
臭わなければ、カバンに詰め拾って帰るんですが...
b0179307_1215514.jpg

久しぶりの投稿。
8月の忙しさが去り、9月の一息も終わり、また投稿を始めますか...
[PR]
by oracion2011 | 2009-10-09 12:16 | 優遊Note