思いつくまま、気の向くままに、綴っています....


by oracion2011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

読み始めて三週間、下巻の途中、面白くないので読み進めるの止めました。
b0179307_12411417.jpg
b0179307_12412694.jpg

★下巻より引用:「主義のために死ぬやつもいれば、金のために生きるやつもいるさ」
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-24 12:42 | 私の本棚

火の粉 雫井脩介

雫井脩介の小説に見られる3つのタイプの中で、私の一番好きなタイプはこれ。
「犯人に告ぐ」、「犯罪小説家」に匹敵する傑作!と思いました。
b0179307_12573391.jpg

★こんな犯罪者って、いたら本当に怖いですね。

※この一ヶ月、読んだものを纏めて投稿しておきました。
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-09 12:59 | 私の本棚
これまた、この小説で新たな雫井脩介の側面を見ました。
b0179307_12523594.jpg

★宮部みゆき ばりの心理描写中心の構成でなかなかなものでした
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-09 12:52 | 私の本棚
雫井脩介の小説は好きで最近よく読んでいます。
この小説は、全く異なるタイプのもので、この作家の多彩さには驚くばかり。
b0179307_12482843.jpg

★"しのこ" と "みく" の 凸凹こコンビ、結構痛快でしたね。
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-09 12:48 | 私の本棚

病葉流れて 白川 道

三部作の第一部。
原点となる学生時代を語ったもの。
b0179307_1241824.jpg

★白川小説の底流となる原点か
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-09 12:42 | 私の本棚

虚貌 雫井 脩介

最近、嵌っている雫井脩介

主犯の時山と21年の時を経て訪れた滝中刑事との会話
『まあ。人には無限の可能性があるように見えて、実は一つの道しかないってことをつくづく感じますね。これでもずいぶん謙虚に生きてるつもりですが』
b0179307_1636438.jpg
b0179307_16365730.jpg

[PR]
by oracion2011 | 2009-11-03 16:37 | 私の本棚

さぬきの夢2000

先日偶然見つけた新橋駅の近くの香川県アンテナショップ。そこで購入した"さぬきの夢2000"の半生うどん、その美味しさに、再び購入し今日のお昼に食べました。
http://www.setouchi-shunsaikan.com/contents/index.html
b0179307_16333580.jpg

★またまた、超~美味しい!癖になりそう!です。
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-03 16:34

赤めだか 立川談春

談志(イエモト)と談春との会話
談志:『お前に嫉妬とは何かを教えてやる』
談春:『己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱みを口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬というんです。一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。しかし人間はなかなかそれができない。嫉妬しているほうが楽だからな。芸人なんぞそういう輩の固まりみたいなもんだ。だがそんなことで状況は何も変わらない。よく覚えとけ。現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う。』
b0179307_1619384.jpg

★早速、談春の落語を聴いてみました。「文七元結」「九州吹き戻し」 上手いね~!
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-03 16:21 | 私の本棚

竜の道―飛翔篇 白川 道

白川道の最新作、早速読みました。
b0179307_12423867.jpg

★本文より引用: 主人公の竜一の言葉
『世間の人たちは、私も含めて、ある種の人間たちを指して、裏の世界の人間、と言う。蔑みを込めて。しかし、はたして表の世界だけが正しいのか。私はそうはおもわない。この世の中に、表だけの物など存在しません。コインの裏表のように、目に映るあらゆる物には、表と裏がある。裏のない物は、存在しないのです。政治の世界で、表だけを声高に叫ぶものは、机上の空論を振りかざしているにすぎない。現実に政治を動かすのは、表と裏の実行力です。この二つが噛み合ってこそ、初めて世の中は動く。政治ばかりではありません。経済についても、人間が生きてゆくことにおいても同様です。...』
[PR]
by oracion2011 | 2009-11-02 12:42 | 私の本棚