思いつくまま、気の向くままに、綴っています....


by oracion2011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

朽ちた花びら 白川 道

『最も遠い銀河』の感動から、一気に白川道の本を読みました。
これは、病葉流れて3部作の第2弾。第1弾で語られた主人公の学生時代の物語。
b0179307_1236367.jpg

いつ読んでもかっこいい!
[PR]
# by oracion2011 | 2009-10-09 12:36 | 私の本棚
8月から9月にかけて読んだ本を纏めて投稿。
この作者の本、確か2冊目だったかと思うけど、基本はホラーで、あまり馴染めない!カナ。
b0179307_12292954.jpg

[PR]
# by oracion2011 | 2009-10-09 12:29 | 私の本棚

台風一過

台風去って外苑前の銀杏並木は落ちた "ぎんなん" が一杯。
臭わなければ、カバンに詰め拾って帰るんですが...
b0179307_1215514.jpg

久しぶりの投稿。
8月の忙しさが去り、9月の一息も終わり、また投稿を始めますか...
[PR]
# by oracion2011 | 2009-10-09 12:16 | 優遊Note

最も遠い銀河 白川 道

なんて劇的、なんてスリリング、なんて美しい...
上下2巻のストーリに魅了されつくしました。
b0179307_22594731.jpg

※本文からの引用
★主人公の"晴之"に関して、
「物心付いたころからの経験で、晴之はふたつのことを絶対的に信じている。人間は不平等であるということ。そしてもうひとつは、神の存在を肯定するわけではないが、人間は運命的なものに操られている、ということだ。どんなに才能に恵まれていても、運命という流れには逆らえない。悪いときには悪いことが重なる。そう思っている」
b0179307_2302635.jpg

★晴之の永遠のダチ公"浩"の言葉
「野毛のダチ公は、ハルと同じで、頭のいい野郎でな。ムショでは、本ばかり読んでやがった。そいつが俺にこんなことを言いやがった。日なたに落ちた種子は、日陰に落ちた種子のことはわからねえ、ってな。聖書の中にある言葉だそうだ。美里も謙二も、そしてハル、おめえも、日陰に落ちた種子なんだ。美里と謙二は死んじまった。残ったのは俺とおめえだけだ。俺はおめえに、日陰に落ちた種子の意地を見せてやってほしいんだ。日なたの世界の野郎たちにな」
[PR]
# by oracion2011 | 2009-09-13 23:00 | 私の本棚

御射鹿池

久しぶりの投稿です。
8月は地獄の一ヶ月、多忙を極め最後は徹夜もしてしまいました。
先週末は余裕時間もでき、奥蓼科の温泉にて静養。
写真は奥蓼科の一角にある御射鹿池(みしゃかいけ)。
この日は風もなく空は晴れ渡り、湖面に映る森と空、絶好の天候でした

★この池、シャープのアクオスのCM、名画と現在の現地・実物を対比するあのCMです。この池もこれで一躍有名になりましたね。
b0179307_1312061.jpg

※上記現地にて東山魁夷が描いた画。
b0179307_1313692.jpg

[PR]
# by oracion2011 | 2009-09-11 13:04 | 優遊Note

現金取り忘れ事件

昨日は大変なことを経験。
ATMで現金を引き出した後30分くらいして、あると思っていた現金がカバンに無く、??
実はカードと明細票のみ受け取ってただけで、肝心の現金を取り出すのをうっかり忘れてしまっていた次第。
慌ててATM戻ったら、下記の状態。
b0179307_13592297.jpg

受付に行き、事情を話し免許証見せたりATMカードを見せたりと、確認してもらったりと、
でも、何とか現金は無事に手元に戻りヤレヤレ。
先の記事で投稿して以来実施している紫のブレスレットのお陰かも...
この対応で無駄な30分を浪費しましたが、こんな経験は初めて。
★対応いただいた全日警の人に確認したら、現金を取り出さないまましばらくすると
 自動的に取り出し口の蓋が閉まってしまい、以降はこの端末操作不能になるって。
 ATM、賢い! お蔭様で助かりました。感謝!感謝!
[PR]
# by oracion2011 | 2009-08-22 14:06 | 優遊Note
副題:21日間ですべてがうまくいく法
原書名:A Complaint Free World(Bowen,Will)
b0179307_12231859.jpg

本書の著者ウィル・ボウエンは、不平不満から自分を解き放てば、いいことがたくさん起きるというシンプルな発想に基づいて、人生をすっかり変えてしまうような「不平不満のない世界」プランを考え出した。
ある日曜日の朝、教会の訓話の中で、世界を不平不満のない場所にしたいと聴衆に話し、その気持ちが真剣なものであることを示すために、集まった人たちみんなに紫色のブレスレットを配って、こう呼びかけた。
「自分が不平不満を口にしていることに気づいたら、このブレスレットをもう一方の手にはめ換えてください」と。

1 自分が不平を口にしているのに気づかない段階
  - われ不平を言う、ゆえにわれあり;不平不満をやめれば健康になる
2 自分が不平を口にしていることに気づく段階
  - 不平不満を言わないと人間関係がよくなる;すべてはあなたの中にある
3 意識すれば不平を口にしないですむ段階
  - 不平不満よりも沈黙を選ぶ;非難する人と評価する人
4 無意識に不平を口にしない段階
  - 21日間不平を口にしない;21間をやり通した達成者たち

※21日間の由来は、鶏の卵が孵化する期間とのこと。人間の行動も理解した上で21日継続することで初めて行動習慣となるとのこと。

著者紹介
ボウエン,ウィル[ボウエン,ウィル][Bowen,Will]
ミズーリ州カンザスシティの、キリスト教会ユニティの主任牧師を務める。牧師になる前は、ラジオ放送、セールス、マーケティングなどの仕事にかかわっていた。妻・娘とともにミズーリ州の田舎に住む

★新しもの好きな私、早速似たようなブレスレットタイプの健康グッズを早速東急ハンズにて購入(2,100円)。
b0179307_1227862.jpg

※まだ、たった一日も経過してないのに、既に5回ほど嵌め替えてしまいました007.gif
[PR]
# by oracion2011 | 2009-08-18 12:30 | 私の本棚